TOP 初めての方 データ復旧対応機器 データ復旧の流れ 店舗案内 料金 お客様の声・クチコミ 出張データ復旧 会社概要

TOP > データ復旧 外付けHDD

外付けHDD復旧

パソコンの内蔵HDD(もしくは内蔵SSD)の容量が不足・ひっ迫した時、容量の増設が必要となります。 手軽な手段のひとつとして挙げられるのが「外付けHDD」です。
近年、パソコンの内蔵メディアはSSD化が進んでいます。 すでに2020年にはSSDの出荷台数がHDDを上回り、話題となりました。一方、データの大容量化も進んでおり、例えば画像や動画を大量に保存したい・・・となった時、まだまだコストパフォーマンスの優れる外付けHDDの出番です。

「家族旅行の思い出の写真やムービーを保管する」
「仕事のデザインデータや図面データをライブラリとして保存しておく」
「自宅と職場で持ち運んだり、出張先でも接続して使用したり・・・」
など、データの保存・保管に欠かせない商品です。
しかしある日、突如としてトラブルに見舞われるケースがあります。

「カチカチと異音が聞こえるようになり、アクセスできなくなった」
「ランプが点灯しなくなり、パソコンで認識しない」
「駆動音がしなくなり、うんともすんとも言わなくなった」
「保存されているデータが見えなくなった」
これらのトラブルは、実際のところ珍しくありません。

この記事では、外付けHDDの故障の症例や、実際にあったデータ復旧(データ復元)の実績をご紹介します。現在進行形でトラブルに見舞われた方はもちろん、これからのトラブルを予防したい方も、ぜひご確認ください。

目次

外付けHDDとは

外付けHDDとは

外付けHDD(外付けハードディスク、External Harddisk)とは、パソコンに内蔵されているHDDとは別で、パソコンの外部に設置して使用できるHDDを指します。接続にはUSBケーブルやThunderboltケーブルなどが用いられます。パソコンに内蔵されているHDD(もしくは内蔵SSD)の容量が足りなくなった場合、容量の増設を試みようとしても、パソコンに関する高い知識や、ドライバーなどの工具が必要となります。
しかし外付けHDDの場合、手軽にデータを保存する容量を増やせます。年々、大容量化が進んでおり、10年ほど前は「500GB」「1TB」が主流でした。2022年現在は、「3TB」「4TB」が当たり前となり、「10TB」「12TB」のモデルも発売されています。

外付けHDDのおもな障害

外付けHDDのおもな障害

異音が聞こえる

このような障害の場合、内蔵HDD(ハードディスク)の突発的な障害やRAID構成の異常の可能性があります。
「カチ、カチ」
「シャー、シャー」
「ピー、ピー」
「ギー、ギー」

HDDから普段聞こえないような異音が発生するケースです。
この場合、高い確率でハードディスクの物理障害(物理的な故障)の疑いがあります。なるべくそれ以上の通電を控えましょう。

ランプが点灯しない、動いている様子がない

HDDに正常に給電されていないケースと、HDDに物理障害が発生しているケースの2つが考えられます。
「HDDに正常に給電されていない」場合、
・別のパソコンに接続してみる
・USBケーブルを変えてみる
などの対処で認識される可能性があります。

データが見えない、一部のデータが消えている

論理障害(データ的な障害)と、物理障害の両方の可能性があります。 論理障害の場合、HDDのMFT(Master File Table、ファイルシステムのインデックス)などに異常が発生し、正常にデータを参照できなくなる事例があります。
物理障害の場合、ハードディスクに読み取り不良(不良セクタ)が発生し、特定の領域を読み込めないためにデータが参照できなくなった可能性が考えられます。

外付けHDDの障害発生時、避けるべき対応

外付けHDDの障害発生時、避けるべき対応

外付けHDDのトラブル発生は、これまでのデータ復旧の事例から、論理障害・物理障害に関わらず内蔵HDDの異常によるものが大半です。
「いままで当たり前のように見えていたデータがいきなり見えなくなった・・・」
「明日に提出しなければならないデータがなくなった・・・」
「数年間蓄積した財産と言うべきデータが参照できなくなった・・・」
突然のトラブルで、焦ってしまうのは当然です。

しかし焦った結果、対処を誤ってしまい、「障害状況が更に悪化」し、データ復旧にかかる期間が長期化したり、データ復旧の復旧率が低下したり、さらにはデータ復旧費用が高額になってしまう可能性があります。 最悪のケースとして「データ復旧専門会社でも復旧ができなくなる(復旧不可)」ことも考えられます。 これまでのデータ復旧事例から、データ復旧の可能性を少しでも低下しないようにするための「避けるべき対処」をご紹介します。

避けるべき対処① 電源のON・OFFを繰り返す

基本的な知識として、「HDDに異常が発生した場合、悪化することはあっても改善する(良くなる)ことはない」があります。
他の家電製品や、IT機器にも言えることですが、外付けHDDの場合、「内部に取り返しのつかないデータが保存されている」点が要注意です。
パソコンそのものは買い直せば済みますが、思い出の写真データや、蓄積された業務データはそうもいきません。

例えば、HDDの物理障害に多い事例として、磁気ヘッド(データ読み取り部)に障害が発生していたとします。「接触が悪いのかな?」と電源の入り切り(ON・OFF)を繰り返すと、HDDのプラッタ(記録面)の損傷がより悪化してしまいます。
レコードを思い浮かべてみてください。磁気ヘッドがレコードを読み取る針に該当し、プラッタがレコードを指します。 故障して制御を失った針が、レコードが回転すれば回転するほどレコードの表面を傷つける・・・。 この傷が多くなればなるほど、データ復旧専門会社でもデータ復旧が困難になります。

避けるべき対処② データ復旧ソフトを試す

データ復旧方法の選択肢として、データ復旧ソフト(データ復元ソフト)が思いつきます。復旧ソフトおすすめは・・・と紹介するまでもなく、インターネットが発達した昨今、検索サイトなどでデータ復旧ソフトを探すとフリーソフトや有償のソフトが無数にヒットします。 有償のソフトは無料トライアル(無料体験版)もあり、手軽にダウンロードして試すことができます。
しかし、その手軽さが取り返しのつかない事態を招く可能性があります。技術の進歩により、パソコンの黎明期と比べて優秀なデータ復旧ソフトが発売されているのは間違いありません。データ復旧ソフトの使用には、「限界がある」「リスクがある」ことを知っておきましょう。

物理障害には対応していない

データ復旧ソフトはトラブルに対して、あくまで「ソフトウェア的なアプローチ」となります。  当然ですが物理的な故障の発生したHDDからデータを読み出しはできません。

高負荷がかかり、状況が悪化してしまう

データ復旧ソフトは、精度に関わらず、HDDに高い負荷をかける傾向があります。ソフトによりますが、「詳細なスキャン」や「ディープスキャン」をかけると、所要時間が「24時間」「48時間」を要するケースがあります。つまり丸1日、丸2日、HDDに対してひたすらアクセスを続けることになります。
「軽傷だった物理障害だったものが、状況が悪化して重症化(重度物理障害)した」
「実は最初はデータ的なトラブル(論理障害)のみだったが、高負荷により物理障害も併発した
などの危険性があります。

操作を誤ってしまう

残念ながら、意外に多いのがこの事例です。
トラブルが発生したため、初めてデータ復旧ソフトをダウンロード(もしくは購入)して・・・という方が大半です。 平時なら問題ないかもしれませんが、使い慣れないソフトやアプリに触れたとき、みなさんはどうでしょう?
「データ復旧ソフトで検出した破損データを上書き保存してしまい、本当に必要なデータがデータ復旧専門会社でも復旧できなくなった」
繰り返しますが、この事例は今まで多数ありました。

異なるファイルシステムや特殊なデータには対応できないこともある

データ復元ソフトには、
「MacOS専用」
「データは復旧できるが、フォルダ名などは復旧できない」
「登録されている拡張子(jpg、xlsxなど)しか復旧できない」
などの特徴があるケースがあります。

CADや、研究で使われる特殊なデータはデータ復元ソフトで検出されず、例えば「不要な画像は復旧できたが、肝心のデータが取り出せない」ことも考えられます。事前にデータ復旧ソフトの「対応しているファイルシステムは?」「対応データは?」を確認するといいでしょう。

避けるべき対処③ 分解する

この「分解する」には2パターンあります。
1つ目は、ケース(筐体)から取り外すパターンです。 ケース(筐体)から取り外す際に内蔵HDDを傷付けてしまう事例があるため、注意が必要です。
2つ目は、外付けHDDの内蔵されたHDDそのものを分解するパターンです。
これは、絶対にやらないでください。

特に最近はYouTubeなどの動画サイトでやり方を紹介しており、以前よりは敷居が下がったように見えます。繰り返しますが、絶対にやらないでください。

HDDの製造は埃の立たないクリーンルームで行われており、当然、開封作業もクリーンルームで行う必要があります。 また、磁気ヘッドの交換作業も、正しい知識が求められ、データ復旧会社によっては「製造メーカーごとの専門技術者が存在する」ほどです。 これは、同じメーカーの製品であっても「製造年月」や「型番・モデル」によっては作業工程がまったく異なるケースがあるためです。 HDDの分解作業は、人間の手術に例えられるほどです。

・高度な設備
・HDDの十分な専門知識
・精密な作業
・長年の経験
みなさんは、医師免許を持たない者に、自分や家族の手術を任せますか?

外付けHDDのトラブル発生時の行動は?

外付けHDDのトラブル発生時の行動は?

「論理障害か? 物理障害か?」
「データ復旧ソフトで確実にデータを復元できるのか?」
「HDDの障害度合いは、どの程度のレベルなのか?」

これらの疑問を、個人で見分けるのは至難の業です。自力でなんとかしようと、データ復旧ソフトを試したり、分解してみたり、新しいケーブルを買ってきたり・・・としていれば、長大な時間がかかり、最悪の場合、二度とデータが戻らない事態も考えられます。

「確実に、安全に、スピーディにデータを復旧するには、外付けHDDを通電させず、データ復旧専門会社にまずは相談しましょう」高い技術と、豊富なノウハウを持つデータ復旧業者に、まずはHDD復元を相談してみましょう。復旧サービス業者にもよりますが、HDD復旧は見積無料・診断無料で対応しているデータ復旧業者が大半です。

外付けHDD復旧 復旧事例の紹介(大阪府 印刷業編)

外付けHDD復旧の実例

ここで、弊社特急データ復旧Win-Get!が、実際にご依頼いただいたLinkStaiton復旧の事例をご紹介します。

カチカチと異音がする外付けHDDのデータ復旧

大阪府 印刷業
外付けHDD(BUFFALO製 型番:HD-PCG2.0U3-GBA)
症状:異音発生、データアクセス不可
故障原因:磁気ヘッドの損傷による、重度物理障害
使用用途:デザインデータや、請求関連書類などの業務データの保存

障害状況 【カチカチと異音がする】

大阪府内の印刷会社様からのデータ復旧事例です。デザインの編集や入稿を担当するスタッフが、データの保存媒体として外付けHDD(バッファロー製HD-PCG2.0U3-GBA)を使用していました。
IllustratorやPhotoshopなどのデザインデータだけでなく、見積書や請求書、社内の申請書類などもまとめて保存していました。4〜5年ほど使っていたある日、外付けHDDが突然、パソコンで認識しなくなりました。
よく聞くと、外付けHDDから「カチ、カチ、カチ・・・」と異音を発している状態です。

・パソコンを再起動
・ケーブルを抜き差し
・時間を置いてから再度接続
・他のパソコンにつなげる
思いつく限りの行動をしてみましたが、状況は改善されず。 進行中の業務はもちろん、過去のデザインデータなどが大量に保存されており、バックアップも取っていなかった。このままで入稿に間に合わず、会社、取引先に多大な迷惑をかけてしまいかねない。

データ復旧専門会社「特急データ復旧Win-Get!(ウィンゲット)」に依頼

社内のパソコンに詳しいシステム担当にも相談しましたが、「物理故障の可能性が高く、データ復旧には専用の装置が必須」とアドバイスを受け、自分で解決は困難と結論づけました。インターネットで調べた結果、全国展開しており、大阪市内(北区梅田)にありアクセスの良好な「特急データ復旧Win-Get!(ウィンゲット)」を見つけ、すぐに問い合わせをされました。

診断結果・復旧作業内容

外付けHDDをお預かりし、初期診断を行ったところ、内蔵HDDに物理障害が発生している状態でした。 専門の技術スタッフが損傷した磁気ヘッドの交換作業を実施、データ復旧の専用装置で読み込みを試みました。読み込みは可能でしたが、読み取り不良(不良セクタ)が多発しており、予断を許さない状況が続きました。最終的に、4回の磁気ヘッド交換作業を経て、無事に99%以上のデータ復旧に成功しました。

技術者からコメント

超特急データ復旧でのご依頼でしたが、ご納品まで約3日を要しました。お客様の仕事への影響が少なかったのが幸いでした。 ご納品後、お話を聞いたところ、「元々はパソコンのバックアップとして購入したが、いつの間にか外付けHDDにしかデータを保存しなくなっていた・・・」とおっしゃいました。

手軽に大容量が確保できる反面、バックアップがおろそかになってしまいがちです。 また今回は、幸いにして異常発生後、お客様が最小限の通電に抑え、弊社にご相談いただいたのもスピーディなデータ復旧を可能にした要因のひとつです。通電を繰り返し、症状がより悪化してしまうケースも多々あります。

まずはご相談ください

特急データ復旧Win-Get!(ウィンゲット)のデータ復旧サービスには、以下の特色があります。
全国47都道府県に窓口
・24時間お問い合わせ対応
・緊急の場合、現地に伺う出張データ復旧
見えていたはずのデータが、何の前触れもなく見えなくなった・・・そんなお客様の不安を1秒でも早く解決するため、スピーディな受付体制を構築しています。

HDDメーカーの実績一覧

また、弊社のデータ復旧に成功した外付けHDDメーカーの実績です。
・バッファロー(BUFFALO)
・アイ・オー・データ(IO DATA)
・ロジテック(Logitec)
・エレコム(ELECOM)
・ADATA
・ウェスタンデジタル(Western Digital)
・SEAGATE
・Silicon Power
・LaCie
・トランセンド(Transcend)
・東芝
・日立
・FREECOM

高い技術力で、あらゆるメーカーの外付けHDDを、スピーディにデータ復旧いたします。お困りの際は、ぜひご相談ください。

データ復旧全国ネットワーク

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。

データ復旧

データ復旧は主要都市・全国にて受付

当社の6都市にある店舗(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)、全国の受付センターにて対応が可能です。店頭では、データ復旧のご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたデータ復旧サービスをご提案いたします。
店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

データ復旧 全国ネットワーク

データ復旧 全国展開中

受付センターのご案内

北海道・東北
データ復旧 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
データ復旧 青森県
https://www.data-aomori.com/
データ復旧 岩手県
https://www.data-iwate.com/
データ復旧 秋田県
https://www.data-akita.com/
データ復旧 宮城県
https://www.data-sendai.com/
データ復旧 山形県
https://www.data-yamagata.com/
データ復旧 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
データ復旧 東京都
https://www.60min-data.com/
データ復旧 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
データ復旧 千葉県
https://www.data-chiba.com/
データ復旧 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
データ復旧 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
データ復旧 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
データ復旧 群馬県
https://www.data-gunma.com/
データ復旧 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
データ復旧 愛知県
https://www.data758.com/
データ復旧 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
データ復旧 三重県
https://www.data-mie.com/
データ復旧 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
データ復旧 富山県
https://www.data-toyama.com/
データ復旧 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
データ復旧 福井県
https://www.data-fukui.com/
データ復旧 長野県
https://www.data-nagano.com/
データ復旧 新潟県
https://www.data-niigata.com/
データ復旧 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
データ復旧 大阪府
https://www.data-osaka.com/
データ復旧 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
データ復旧 京都府
https://www.data-kyoto.com/
データ復旧 奈良県
https://www.data-nara.com/
データ復旧 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
データ復旧 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
データ復旧 岡山県
https://www.data-okayama.com/
データ復旧 香川県
https://www.data-kagawa.com/
データ復旧 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
データ復旧 高知県
https://www.data-kochi.com/
データ復旧 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
データ復旧 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
データ復旧 島根県
https://www.data-shimane.com/
データ復旧 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
データ復旧 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
データ復旧 佐賀県
https://www.data-saga.com/
データ復旧 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
データ復旧 大分県
https://www.data-oita.com/
データ復旧 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
データ復旧 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
データ復旧 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
データ復旧 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

お問い合わせフォーム

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください