TOP 初めての方 データ復旧対応機器 データ復旧の流れ 店舗案内 料金 お客様の声・クチコミ 出張データ復旧 会社概要

TOP > データ復旧 NAS

LinkStation復旧の実例をご紹介

NASとは、LANで接続することができるネットワークHDDのことで「Network Attached Storage」の頭文字からNAS(ナス)という略称で呼ばれます。

USB接続の外付けHDDは原則、USBケーブルで繋がっているパソコン1台からしかアクセスが出来ません。 対してNASは、同じネットワーク上の複数のパソコンやスキャナなどからアクセスし、データ共有・保存することができるため、ファイル保存用のサーバーとして使用されるケースが多いです。

国内で流通しているNASのメーカーは、「Buffalo」、「IO DATA」、「QNAP」、「Synology」が有名です。
各メーカーが販売しているNASは、
「Buffalo」社:「LinkStation」「TeraStation」
「IODATA」社:「LANDISK」
といった名称で流通しています。
ここでは、NASでよくある障害の事例や、障害が発生したときの復旧方法を説明します。

目次

NASの主な障害

NASの主な障害

ハードディスクの故障

NASに搭載されたハードディスクの故障が、NASで最も多いトラブルです。ハードディスクの障害状況によっては、最悪の場合、データが消失してしまいます。

ネットワークの不具合

パソコンとNASをつなぐネットワークの不具合が原因で発生します。ネットワークエラーによって、パソコンとNASがつながらず、データやファイルを引き出すことができません。

NAS本体の故障

電源が入らないなど、機械本体のトラブルが原因です。この場合はハードディスクなどに影響を及ぼしません。

RAID崩壊

RAIDは複数のハードディスクを一台のハードディスクとして管理及び運用する機能です。このRAIDを管理する情報に不具合が発生したため、データやファイルにアクセスすることが出来なくなります。最悪、消失などの可能性があります。

NASの障害判断方法

NASの障害判断方法

NASに何かしらの問題が発生した場合、NAS本体は以下のように、ブザー音やランプの点灯、パネルの表示でエラーを知らせます。

表示パネルにエラーが表示される

NAS本体のパネルにエラーが表示される場合、内蔵ハードディスクかファームウェア破損、RAID崩壊などの原因が考えられます。

HDDのエラーランプが点灯している

NAS本体のランプがエラーを示す点灯パターンの場合、ハードディスクの故障、RAID構成の異常が考えられます。
各種メーカーによって、エラーコードやエラーメッセージ、ランプの点滅パターンは異なります。メーカーのホームページなどにエラーコード・エラーメッセージ内容の記載がありますので、確認をしましょう。お問合せが多いメーカー毎のエラーコード、エラーランプの一覧は以下となります。

 メーカー Buffalo
 【ソフトウェアトラブル】の可能性があるエラー
E00  システムが応答していません
E04  ファームウェアが破損しています
E05  システムが停止しました
E06  ファームウェアが壊れています
E26  レプリケーションでエラーが発生しました
EMモード  エマージェンシーモード
 【筐体のトラブル】の可能性があるエラー
E06  ファームウェアが壊れています
E07  ハードディスクが認識されていません
E10  UPS(無停電電源装置)で駆動している状態です
E11  ファンの回転数に異常があります
E12  システムの温度上昇が、保証値を超えました
E13  x番のRAIDアレイでエラーが発生しました
E14  x番のRAIDアレイがマウントできませんでした
E17  E17 基盤故障
 【内蔵HDDのトラブル】の可能性があるエラー
E15  x番のハードディスク故障です
E16  x番のハードディスクが見つかりません
E22  x番目のハードディスクのマウントに失敗しました
E23  エラーが発生し、x番のハードディスクがRAIDアレイから外されました
E30  エラーが発生し、x番のHDDがRAID アレイから外されました
 メーカー IODATA
 STATUSランプ
赤点灯  LAN接続モード時に起動停止、RAID崩壊時にディスクで異常発生
赤点滅  LAN接続モード時にエラーが発生
消灯  本製品の電源が入っていない
 HDDエラーランプ
赤点灯  番号に対応する内蔵HDDが接続されていません
赤点滅  番号に対応する内蔵HDDに問題が発生しています
消灯  番号に対応する内蔵HDDが正常動作であることを示します
 ブザー音
”ピー”と3回鳴動  ディスクの容量不足や故障
”ピッ、ピッ”と鳴り続ける  ディスクの故障などによりRAID構成に異常が発生
”ピーポー”と鳴り続いている  同じくディスクの故障などによるRAID崩壊
 エラーコード
5000101  接続機器への接続数が上限です
5000102  通信に失敗しました
5010000  インターネットに接続できませんでした

併せて、データ復旧のお問合せの多い型番の一覧を以下に記載します。

 メーカー Buffalo
シリーズ  TeraStation
型番  TS-3200D、TS-HTGL、TS-XHL、TS-WX、TS-XEL、TS-HTGL
 TS-XL、TS5200、HD-HTGL
シリーズ  LinkStation
型番  LS220D、LS410D、LS420D、LS-WX・LS-WV、LS-WHLS-WSX
 LS-QVL、LS-WHGL
 メーカー IODATA
シリーズ  LANDISK
型番  HDL2A、HDL-GT、HDL-XR、HDL-CE、HDL2-H2、HDL-XV

NASの障害が発生した時に避けるべき対応

NASの障害が発生した時に避けるべき対応

エラーコード、エラーランプがHDD故障を示すNASの場合、内蔵ハードディスクの異常によるものが多いです。これまでのデータ復旧事例から突発的に障害が発生することが8割以上といえます。

内蔵ハードディスクの異常の発生原因は、主に経年劣化であったりしますが、その中でも熱によるダメージが一番大きいと思われます。例えば、長年の使用で内部にホコリがたまり思うように廃熱ができないため状況では、HDDにダメージが蓄積して、ある時にいきなり障害が発生してしまうような感じです。
複数台搭載されているモデルは、内蔵ハードディスクの製造期間が同時期であるため、、一度ハードディスクに障害が発生すると他のハードディスクも間を置かずに障害が発生する可能性があります。

これまで多くデータ復旧の障害を見てきた観点から、データ復旧できる可能性を下げないようにするための「避けるべき対処」には以下のようなことが考えられます。

避けるべき対処① 電源の入れ直しを繰り返す

内蔵HDDに障害が発生すると、通電や動作でその障害が進行してしまうことがあります。障害が進行するとデータ復旧をできる難易度があがります。

特に“カチカチ”とか“ピーというブザーのような”異音がする状態ですと、HDDの磁気ヘッドと呼ばれるデータを読み書きする部品に障害が発生している物理障害の可能性が高いです。このよう場合、電源の入れ直しを繰り返すことでその接触状態が悪化し、記録面に傷がついてしまうことがあり、傷がひどいとどのデータ復旧専門業者でも復旧できないことがほとんどです。

また、HDDの障害発生時に磁気ヘッドの異常で記録面に傷がついてしまうこともあります。

避けるべき対処② 再構築(リビルド)でHDDを交換する

RAIDが組まれているHDDの障害がある場合、故障した1台を新しい物に交換すると、リビルド(再構築)が必要となってきます。
しかし、障害が発生しているときのリビルドは、先にも説明したように内蔵HDDの製造期間が同時期のものが搭載されていますので、一度HDDに発生すると他のHDDも障害が発生して状態を悪化させる危険性があるため厳禁です。

最悪、すべてのドライブが破損し、復旧不可能に陥るリスクがあります。
加えて、再構築が途中で止まってしまうと、RAID情報が壊れてしまい、データ復旧業者でも、データの復旧は非常に困難となります。

避けるべき対処③ ファームウェアアップデート

NASに障害が発生した時に、その対処としてファームウェアアップデートが紹介されています。 しかしSTATUSランプが赤点灯、赤点滅をして明らかにHDDの異常を分かっているような状況でファームウェアアップデートを行うことは、ファームウェアアップデートがうまくいかないばかりか、かえってHDD障害を進行させることになりかねません。

避けるべき対処④ スキャンを行う

安易にデータ復元ソフトを使用してしまうと、物理的にHDDに高負荷がかかり状態を悪化させる危険性があります。NAS内に保存しているデータを安全に取り出すためには、データ復元ソフトの使用は避けるのが賢明です。

避けるべき対処⑤ ハードディスク単体でPCに接続する

複数のHDDを1つのドライブのように構成するRAIDは複雑で、HDD単体ではデータを見ることはできません。NASを運用しているOSはパソコンと異なります。故障したNASを単体でパソコンに接続すると、ハードディスク内のファイルシステムの破損を招く可能性があります。
過去には、順番を間違えたり違う場所にディスクを入れてしまったりすると、RAID情報と実際の構成が異なる状況になり、その状況で起動するとシステム情報が破損や書き換わりが起きてデータ復旧の難易度を上げてしまう事例もありました。
また、1台構成もNASであったとしても内蔵HDDを取り出してパソコンにつないでもWindowsでは認識できない形式のため専門業者のような知識のあるところにデータ復旧を依頼するのが賢明です。

避けるべき対処⑥ メーカー修理

メーカーに修理を依頼すると、内蔵HDDは交換して修理ができても、中のデータについては消えても保証できませんと言われます。
そのため中にある大切なデータについては、専門業者に依頼をすることをおすすめいたします。メーカーのサポートでもそのように言われることが多いです。

NAS復旧は「特急データ復旧ウィンゲット」にお任せください

NAS復旧は「特急データ復旧ウィンゲット」にお任せください

NASに障害が発生した場合、どういったデータ復旧業者に依頼するのが良いのか。 信頼できる業者選びのポイントは6つです。

ポイント① 店舗があるデータ復旧業者か?
ポイント② 成功報酬制のデータ復旧サービスか?
ポイント③ セキュリティ管理が徹底されているか?
ポイント④ 対象機器の復旧実績はあるか?
ポイント⑤ 納期指定ができるか?
ポイント⑥ スタッフの対応は親切丁寧か?

特急データ復旧ウィンゲットは6つのポイントをクリアしております。
初めてデータ復旧を依頼するお客様にもご安心いただけます。

NASのデータ復旧 実績

NASのデータ復旧実績

ここで、弊社特急データ復旧Win-Get!が、実際にご依頼いただいたLinkStaiton復旧の事例をご紹介します。

【事例1 E14とE30のエラーが発生したTeraStationのデータ復旧】

Buffalo TeraSation TS-XEシリーズ
HDD4台構成 RAID5

障害状況 【ハードディスク故障・RAID崩壊】

share(共有フォルダ)に入る事ができない状態。
液晶画面に、E14とE30が表示されていた。管理画面を確認したところ、DISK2台にエラーが発生している。

診断結果・復旧作業内容

診断の結果、DISK4台中3台のHDDに物理障害が発生していることが判明。また、HDDの故障により、RAIDアレイにHDDがマウントできない状態。

データ復旧を行うためには、物理障害のあるHDD内の読込ができない領域(不良セクタ)を読み込めるようにするクローン作業を行い、正常にデータの読み書きができるように修復をします。その後、修復されたクローンディスクを使用して、再度RAID構築を行い、結果としてほぼ全てデータを正常に復旧することに成功。

E4:ファームウェアが破損しています
E30:エラーが発生し、x番のHDDがRAID アレイから外されました

【事例2 LANDISK削除したのデータ復旧】

IODATA LANDISK HDL2Aシリーズ
HDD2台構成 RAID1

障害状況 【データ削除】

部署内で共有使用していたLANDISK(2台構成)からデータを誤って削除した。
完全削除をしてしまったため、ごみ箱にもデータが残っていない状況。

診断結果・復旧作業内容

HDD内の領域のスキャン作業を実施したところ、削除されたデータの痕跡を確認しました。
LANDISKに入っている2台のHDDの削除データの解析作業を実施。その後、解析した情報を元に、削除データの復元を実行、結果として無事データ復旧に成功。

NASのデータ復旧について

NASの障害や避けるべき対処について紹介をさせていただきました。
特にNASのランプが赤点滅になって困った時には、内蔵ハードディスクに障害が進行しないように、NASの電源を切りましょう。障害が生じている時に通電を続けることや電源の入り切り、再起動の繰り返し、操作を続けることは大変危険です。また、自身で誤ったデータ復旧方法を試みた場合、状態が悪化してデータ復旧の難易度が上がり、データ復旧ができない最悪の事態に陥る可能性もあります。

データ復旧が必要な際は、自身で何とかしようとせずプロのデータ復元業者である特急データ復旧Win-Get!へご相談ください。
特急データ復旧Win-Get!では、NASで復旧データをお渡しして、データ共有の体制も含めた迅速な復旧が可能です。 今後のバックアップを含めたデータ保存体制に関するお問い合わせもお受けしておりますので、不安に感じた方は併せてご相談ください。

データ復旧全国ネットワーク

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。

データ復旧

データ復旧は主要都市・全国にて受付

当社の6都市にある店舗(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)、全国の受付センターにて対応が可能です。店頭では、データ復旧のご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたデータ復旧サービスをご提案いたします。
店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

データ復旧 全国ネットワーク

データ復旧 全国展開中

受付センターのご案内

北海道・東北
データ復旧 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
データ復旧 青森県
https://www.data-aomori.com/
データ復旧 岩手県
https://www.data-iwate.com/
データ復旧 秋田県
https://www.data-akita.com/
データ復旧 宮城県
https://www.data-sendai.com/
データ復旧 山形県
https://www.data-yamagata.com/
データ復旧 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
データ復旧 東京都
https://www.60min-data.com/
データ復旧 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
データ復旧 千葉県
https://www.data-chiba.com/
データ復旧 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
データ復旧 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
データ復旧 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
データ復旧 群馬県
https://www.data-gunma.com/
データ復旧 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
データ復旧 愛知県
https://www.data758.com/
データ復旧 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
データ復旧 三重県
https://www.data-mie.com/
データ復旧 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
データ復旧 富山県
https://www.data-toyama.com/
データ復旧 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
データ復旧 福井県
https://www.data-fukui.com/
データ復旧 長野県
https://www.data-nagano.com/
データ復旧 新潟県
https://www.data-niigata.com/
データ復旧 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
データ復旧 大阪府
https://www.data-osaka.com/
データ復旧 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
データ復旧 京都府
https://www.data-kyoto.com/
データ復旧 奈良県
https://www.data-nara.com/
データ復旧 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
データ復旧 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
データ復旧 岡山県
https://www.data-okayama.com/
データ復旧 香川県
https://www.data-kagawa.com/
データ復旧 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
データ復旧 高知県
https://www.data-kochi.com/
データ復旧 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
データ復旧 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
データ復旧 島根県
https://www.data-shimane.com/
データ復旧 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
データ復旧 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
データ復旧 佐賀県
https://www.data-saga.com/
データ復旧 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
データ復旧 大分県
https://www.data-oita.com/
データ復旧 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
データ復旧 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
データ復旧 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
データ復旧 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

お問い合わせフォーム

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください