TOP 初めての方 データ復旧対応機器 データ復旧の流れ 店舗案内 料金 お客様の声・クチコミ 出張データ復旧 会社概要

TOP > データ復旧 SSD

SSD復旧の実例をご紹介

パソコンやサーバ機には、読み書きしたデータを記録する記録媒体が内蔵されています。
記録媒体の主流はハードディスク(HDD)ですが、最近はSSDと呼ばれる媒体も多く普及しています。より軽量化・高性能化し、最近では安価なものも増えたことから、家庭用のノートパソコン等でも多く利用されるようになりました。
パソコンのスペックを拡充させるため、HDDをSSDに換装したり、外付けSSDとして使用容量を増やしたり、といった使い方をされる方もいます。

一方で、「自分が使用しているパソコンに、どんな媒体が使われているか考えたことがない」、「SSDとは何か、聞いたことはあるけどよく分からない」という方も多いのではないでしょうか? こちらの記事では、HDDと比較したSSDの特徴、およびそのデータ復旧の実例をご紹介します。

目次

SSDとHDD 何が違う?

HDDとは?

HDDとは

HDDはHard Disk Drive(ハードディスクドライブ)の略で、家庭用のパソコンから法人向けのサーバ機、さらにはテレビの録画用のブルーレイレコーダー等にも幅広く使用されています。
価格と容量にこだわるなら、HDDがおすすめです。パソコン等の内蔵タイプのものから、外付けタイプのもの(据置型・ポータブル型)もあります。

価格が安価なものが多く、大容量のデータを扱うのに適しているため、これまで広く普及してきました。データを保存する際は、HDD内にある「プラッタ」と呼ばれる円盤に、「磁気ヘッド」でデータの書き込み・読み込みを行います。プラッタは高速で回転しているため、回転中に大きな衝撃が加わると破損やデータ消失の恐れがあります。

SSDとは?

SSDとは

一方、SSDはSolid State Drive(ソリッドステートドライブ)の略で、HDDと同じく記憶媒体の一種です。速さや耐衝撃性を求めるなら、SSDがおすすめです。HDD同様、内蔵タイプの他、持ち運びに便利なポータブルの外付けSSDタイプのものも販売されています。

HDDは回転する円盤に磁気でデータを読み書きしていますが、SSDはUSBメモリと同じように内蔵しているメモリーチップにデータの読み書きをしています。HDDのように磁気ヘッドなどの物理的な移動がないため、衝撃による故障リスクが低く、動作音も静かなのが特徴です。
処理速度が高速でサイズが小さい一方、HDDに比べると大容量のものは価格が高くなります。

また、「データの読み書きを行うたびに半導体素子が劣化してしまうため、読み書きの回数に制限がある」「長期間使用せずに放置をしておくとデータ消失の可能性がある」という欠点もあります。

PCを高速化したい!クローンサービスとは?

PCを高速化したい!クローンサービスとは

HDDは長年使用していると、内蔵部品の劣化により動作が重くなってしまいます。より動作を速くし、作業を効率化させるために、SSDを利用する方法があります。
単純にHDDからSSDに保存データをコピーするのではなく、HDD内のOSやシステム等の使用環境をそのままSSDに移行したいといった場合には、HDD→SSDへクローン(複製)をとることをおすすめします。
SSDへのクローンを行うことで、業務を止めずに動作が速くなり、快適に作業できるようになります

SSDの故障

SSDは故障に強いか?

HDDとSSDはデータの書き込み方法には違いがあるものの、いずれも精密機器であることには変わりはなく、故障のリスクからは免れません。HDDには円盤状のプラッタや磁気ヘッドのような物理的な駆動パーツがあるため、故障時に「カチカチ」「ジー」「キュルキュル」といったような異音が発生することがあります。
一方SSDはそのような駆動パーツがないため、故障に気付きにくく、故障に気づいた時はもう手遅れ・・・となってしまう可能性があります。

SSDの故障の種類

論理障害

論理障害とは、SSD内部のファイルシステム障害によってデータの読み書きができなくなるような状態を指します。SSDは前述のとおり、HDDより物理的な衝撃自体には強いものの、「データの読み書き中に落として接続ケーブルが外れてしまった」などといった物理的な接触でファイルが破損したり、ファイルシステムが壊れてしまうという危険性が、変わらずあります。

物理障害

物理障害とは、SSD自体が物理的に破損した状態のことです。接続端子の破損や内部部品の破損などが該当します。経年劣化によるもの、静電気や落雷などの過電流の影響、また水没等の被害などから物理故障が発生することがあります。
なおSSDが物理的に故障した場合、 データ復旧専門業者でも復旧は困難なことが多く、個人での復旧はほぼ不可能といえるでしょう。

ファームウェア障害

ファームウェア障害とは、SSDを制御するためのソフトウェアの不具合を指します。 分かりやすく例えるとスマートフォンのiOSやAndroid OSの不具合によって起動できない、ファイルの認識ができないという様な状態です。

また、上記の3つの故障以外にも「誤操作によってデータを削除してしまう」といった事もSSDのトラブルとして挙げられるでしょう。

SSDのデータ復旧 復旧事例の紹介(岡山県 製造業編)

SSDのデータ復旧 復旧事例の紹介(岡山県 製造業編)

ここで、弊社特急データ復旧Win-Get!が、実際にご依頼いただいたLinkStaiton復旧の事例をご紹介します。

突然英語のエラーが表示されフリーズしたノートパソコンのデータ復旧

岡山県 製造業
パソコン(パナソニック製 ノートパソコン)
内蔵SSD(SAMSUNG製 MZ-NLN256A)

お客様からの症状

経理部で使用しているノートパソコンが使用中にフリーズしました。
やむを得なく強制終了し、再起動をしましたが黒い画面に英語でメッセージが表示され何も操作ができない状態でした。社内の詳しい人に診てもらい、色々と試してもらっても直りませんでした。 経理関係のExcelファイルなどが多数保存されていて、業務に影響が出るため、データだけでも抜き取ってもらいたかったのですが、パソコンの中に入っているのがHDDではなくSSDというもので、素人ではデータを取り出す事ができない為、専門の業者に相談するように言われました。

慌ててインターネットで「SSD復旧」「SSDデータ復旧」などのキーワードで検索をして表示された業者から技術力の高そうな業者へ問い合わせをし、診てもらう事にしました。

技術者から診断・復旧内容について

製造業の企業様で、経理部でご使用のパソコンという事でした。請求書や給与、勤怠管理などのデータが保存されているという事で非常にお困りのご様子で、お問い合わせをいただいた時は、焦りが伝わってきました。

データ復旧を行うためにはまず初期診断を行います。データ復旧を行うための診断ですので、パソコンからSSDを取り出し、SSDを直接、データ復旧を行うための特殊な機器に接続して状態を確認いたします。
前述の通りSSDの故障には「論理障害」「物理障害」「ファームウェア障害」と行った様に様々な種類があります。初期診断ではまずSSDの状態を確認し、データ復旧が可能性を探るわけです。

ただ初期診断をするSSDの中にはお客様の業務データ、個人情報などの重要なデータが保存されています。 そのSSDを解析し中を見ることになりますので、初期診断を行う前にお客様へはデータ復旧サービスについてご説明し、よくご理解、ご了承をいただいた上で診断を開始することになります。

実際にお客様のパソコンからSSD(SAMSUNG製MZ-NLN256A)を取り外し、診断を行ったところ「論理障害」である事が分かり、保存されているデータの取得ができる状態でした。
お客様にご説明をしたところ、ひとまずデータ復旧の目処が立ちそうな状況にホッとされていました。 その後、お客様にご了解をいただき早速データの取得を開始、結果SSD(SAMSUNG製MZ-NLN256A)から99%以上のデータ取得ができ、SSDデータ復旧に成功し、お喜びいただく事ができました。

全国47都道府県で対応しております

特急データ復旧Win-Get!は、主要都市に6拠点(札幌秋葉原横浜名古屋大阪福岡)に直営オフィスを構え、また北海道から沖縄まで、全国185箇所の受付窓口で対応しております。今回の様なSSDデータ復旧にも対応していますし、各地で出張データ復旧を行うこともできます。
機器のトラブル全国各地でお困りのお客様のために迅速にデータ復旧サービスをご提供できる様にしておりますので、お気軽にご相談ください。

データ消失のリスク、そしてそれを未然に防ぐには?

機器のトラブルは突然発生致します。一般的に「SSDはHDDより故障しない」というイメージがあり、耐衝撃性といった部分では正しいと言えるのですが、今回ご紹介した様にSSDも突然故障してしまうのです。

実際にSSDデータ復旧のお問い合わせもSSDの普及とともに年々増加しています。機械である以上、故障のリスクは避けられません。過信せずに日頃からのデータバックアップを心がけましょう。

また、今回のお客様の様なパソコンを主体としたデータ管理はオススメできません。ファイルサーバなどで保存した方が安心でしょう。

SSDのデータ復旧について

今回、パソコンに内蔵されているSSDに関するSSDデータ復旧の事例をご紹介しました。
無事にデータ復旧に成功しましたが、総合的にみるとSSDの故障の方がHDDの故障よりもデータ復旧の難易度は高く、データ復旧できないケースもとても多いです。

想像してみてください。
お仕事のデータ、ご家族や恋人、友人との思い出の写真、学校に提出するファイル などもし、大切なデータを突然失うことになったら? 
そんな事にならない様に正しい知識を得て、対策を理解しておく事が大切です。データの安全な管理・運用にお困りの際は、ぜひ特急データ復旧Win-Get!にご相談ください。

データ復旧全国ネットワーク

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。

データ復旧

データ復旧は主要都市・全国にて受付

当社の6都市にある店舗(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)、全国の受付センターにて対応が可能です。店頭では、データ復旧のご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたデータ復旧サービスをご提案いたします。
店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

データ復旧 全国ネットワーク

データ復旧 全国展開中

受付センターのご案内

北海道・東北
データ復旧 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
データ復旧 青森県
https://www.data-aomori.com/
データ復旧 岩手県
https://www.data-iwate.com/
データ復旧 秋田県
https://www.data-akita.com/
データ復旧 宮城県
https://www.data-sendai.com/
データ復旧 山形県
https://www.data-yamagata.com/
データ復旧 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
データ復旧 東京都
https://www.60min-data.com/
データ復旧 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
データ復旧 千葉県
https://www.data-chiba.com/
データ復旧 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
データ復旧 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
データ復旧 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
データ復旧 群馬県
https://www.data-gunma.com/
データ復旧 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
データ復旧 愛知県
https://www.data758.com/
データ復旧 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
データ復旧 三重県
https://www.data-mie.com/
データ復旧 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
データ復旧 富山県
https://www.data-toyama.com/
データ復旧 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
データ復旧 福井県
https://www.data-fukui.com/
データ復旧 長野県
https://www.data-nagano.com/
データ復旧 新潟県
https://www.data-niigata.com/
データ復旧 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
データ復旧 大阪府
https://www.data-osaka.com/
データ復旧 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
データ復旧 京都府
https://www.data-kyoto.com/
データ復旧 奈良県
https://www.data-nara.com/
データ復旧 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
データ復旧 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
データ復旧 岡山県
https://www.data-okayama.com/
データ復旧 香川県
https://www.data-kagawa.com/
データ復旧 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
データ復旧 高知県
https://www.data-kochi.com/
データ復旧 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
データ復旧 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
データ復旧 島根県
https://www.data-shimane.com/
データ復旧 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
データ復旧 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
データ復旧 佐賀県
https://www.data-saga.com/
データ復旧 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
データ復旧 大分県
https://www.data-oita.com/
データ復旧 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
データ復旧 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
データ復旧 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
データ復旧 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

お問い合わせフォーム

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください