TOP 初めての方 データ復旧対応機器 データ復旧の流れ 店舗案内 料金 お客様の声・クチコミ 出張データ復旧 会社概要

TOP > データ復旧 ソフト

データ復旧 ソフト

大事なデータを取り戻そうと調べた際、データ復旧ソフトやデータ復元ソフト、ファイル復元ソフトという名前を目にした方も多いのではないでしょうか?
データ復旧ソフトやデータ復元ソフト、ファイル復元ソフトなどが、「どういう仕組みで動いているのか」「復旧できる可能性があるのか」などをご紹介いたします。

目次

データ復旧ソフトとは

パソコンが一般的に普及し、大切な書類や画像や動画など、無くなっては困るものが殆どデジタルデータで管理されるようになりました。
データ復旧ソフトやデータ復元ソフト、ファイル復元ソフトなどと呼ばれるものは、それら様々な記憶媒体(パソコンやSDカード、外付けHDDやUSBメモリ、カメラやスマートフォンなど)から必要なデータを取り出すためのソフトウェアです。

しかし、出来ることの限界や、やってはいけないことなどもあり、安易に手を出すと返って状況が悪くなってしまう場合があります。
まずは「どういったときに使えるのか?」、「やってはいけない事」などをご紹介いたします。

 

データ復旧ソフトを使用できる条件

データ復旧ソフトを使用できる条件

データ復旧ソフトを使用できる条件は思った以上に限られており、「パソコン上で復旧対象の保存媒体(ハードディスクやUSBメモリなど)がドライブとして正常に認識している時」だけとなります。
つまり、基本的には「データを消去してしまった場合」のみに限られます。

他にも、パソコンで認識している状態には「CRC巡回冗長エラー出る場合」や「パーティションがRAW状態になっている場合」などもありますが、これらは物理的に故障している可能性があり、状況を悪化させる危険性がありますので、上記の場合は絶対に復旧ソフトを使用しないことをお勧めいたします。

しかし、唯一対応している「データを消去してしまった場合」でも、絶対にやってはいけないことがいくつか存在します。

絶対にやってはいけない事

絶対にやってはいけない事

復旧ソフトを安全に使用できるのは、基本的に「データを消去してしまった場合」だけとお話ししましたが、データ復旧ソフトを使用する際には絶対にやってはいけないことが存在します。

まず、一番大切なことは、「復旧したいデータが入っている媒体に新しくデータを書き込まないこと」です。
データが消失した状態は、基本的には「目次から排除されただけで、実際の場所には残っている」状態となります。
つまり、復旧したいデータが見えない(消失した)状態で新しいデータを書込むことは、復旧したいデータを破壊する行為となります。

なお、カメラ上で消した場合や、ごみ箱を経由せずに消去した場合は、完全にデータごと消去する場合があり、復旧できない場合があります。

なお、「復旧ソフトを復旧対象にインストールする」ことは悪化にしか成り得ないので、絶対にやめてください。
さらに、パソコンであれば起動して放置するだけで、メール受信やソフトウェアの更新などで新しいデータが勝手に書き込まれていきますし、外付けハードディスクやUSBメモリでも、ファイルを開いただけでキャッシュデータが作成されます。

そのため、パソコンの場合は中のハードディスクやSSDを別のパソコンに繋いで作業することと、原則復旧対象の媒体は復旧ソフト以外には使用しないようにしてください。

絶対にやってはいけない事

次に大事なのが、「復旧作業(解析)結果のデータを、元の場所に戻さない」ことです。
解析が終わった段階では、ソフト上でデータがある場所を判別した段階にすぎません。そのデータが書き換わらないようにロックするわけではないので、復旧対象の媒体に書き戻すということは、その工程で復旧したいデータを破壊する行為になります。そのため、必ず別の媒体に保存することを心がけてください。

おすすめのデータ復旧ソフト

おすすめのデータ復旧ソフト

では、おすすめのデータ復旧ソフトはどんなものがあるでしょうか?
お店で買えるパッケージ版や、インターネット用のダウンロード版もあります。 また、インターネットで検索すると、有料ソフトからフリーソフトまでたくさん出てくると思いますが、その中からどれを選ぶのがいいのか、いくつかポイントをご紹介いたします。

① 復旧ソフトが対応しているか?

復旧ソフトにもWindows用やMac用、Linux用と、対応OSもいろいろ存在しています。
復旧対象も、Windowsで使用していたものやMacで使用していたもの、NASなどの小型サーバー用の物、ドライブレコーダー用やビデオデッキ用など、多岐にわたっています。
必ず復旧ソフトが使いたいパソコンを復旧対象としているか確認するようにしましょう。

② 信頼できる製造元か?

復旧ソフトの中には、悪意のある詐欺ソフトもありますし、フリーソフトの場合は広告にウイルスが仕込まれている物もあります。 二次災害を起こさないためにも、信頼できる物を選ぶ方が良いでしょう。

信用できる復旧ソフトの一例としては、「復旧業者が販売している物」などが挙げられます。復元ソフトには体験版もあり、会社の看板を背負った復旧ソフトのため、安心して使用でき、検出率も高いものが多い傾向にあるためおすすめです。

③ 使用レビューは豊富か?復旧率は?

信頼できる復旧ソフトを探したら、次はレビューを探してみましょう。もしかしたら、自分と同じような症状で使用した場合の結果が出ているかもしれません。
あまりにも復旧率の評判が悪いようなら、その復旧ソフトは一旦見送るのも手かもしれません。

④ 一つの復旧ソフトでは復旧できない場合もあります

一概にデータ復旧ソフトといっても、データの解析方法は様々あります。
その復旧ソフトが何を重視するかによって、同じ復旧対象機器を解析しても、全く違った結果を出すことも多々あります。
一つでダメなら二つ三つと使用してみることで、望んだ結果を得ることができるかもしれません。

試す前に確認したいこと

試す前に確認したいこと

今までの項目をまとめましたので、最後にもう一度ポイントをおさらいしましょう。
① 本当に復旧対象機器に異常や故障はないか?
② 復旧ソフトは対応しているか?安全そうか?
③ 復旧ソフトを復旧対象機器に入れようとしていないか?
④ 復旧したデータを復旧対象機器に戻そうとしていないか?
  以上全てをクリアできたら、実際に試してみましょう。

データ復旧ソフトで対応できない場合は

データ復旧ソフトで対応できない場合は

ここまでお話しした通り、データ復旧ソフトには対応できる幅にも出来る事にも限界があり、ソフトによっては全く違う結果が出ることなどから、「何千件、何万件と知識が蓄積されているデータ復旧業者に依頼したほうがかえって早く安く済む」なんてこともあります。

手に負えないと感じたら、まずはデータ復旧サービスの無料診断を行っている業者に相談し、「今どういう状態なのか、復旧できる可能性はありそうなのか」を知ることが大切です。
なお、おすすめの業者については別の記事でまとめていますので、ぜひご覧いただけると幸いです。

データ復旧全国ネットワーク

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。

データ復旧

データ復旧は主要都市・全国にて受付

当社の6都市にある店舗(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)、全国の受付センターにて対応が可能です。店頭では、データ復旧のご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたデータ復旧サービスをご提案いたします。
店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

データ復旧 全国ネットワーク

データ復旧 全国展開中

受付センターのご案内

北海道・東北
データ復旧 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
データ復旧 青森県
https://www.data-aomori.com/
データ復旧 岩手県
https://www.data-iwate.com/
データ復旧 秋田県
https://www.data-akita.com/
データ復旧 宮城県
https://www.data-sendai.com/
データ復旧 山形県
https://www.data-yamagata.com/
データ復旧 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
データ復旧 東京都
https://www.60min-data.com/
データ復旧 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
データ復旧 千葉県
https://www.data-chiba.com/
データ復旧 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
データ復旧 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
データ復旧 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
データ復旧 群馬県
https://www.data-gunma.com/
データ復旧 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
データ復旧 愛知県
https://www.data758.com/
データ復旧 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
データ復旧 三重県
https://www.data-mie.com/
データ復旧 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
データ復旧 富山県
https://www.data-toyama.com/
データ復旧 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
データ復旧 福井県
https://www.data-fukui.com/
データ復旧 長野県
https://www.data-nagano.com/
データ復旧 新潟県
https://www.data-niigata.com/
データ復旧 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
データ復旧 大阪府
https://www.data-osaka.com/
データ復旧 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
データ復旧 京都府
https://www.data-kyoto.com/
データ復旧 奈良県
https://www.data-nara.com/
データ復旧 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
データ復旧 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
データ復旧 岡山県
https://www.data-okayama.com/
データ復旧 香川県
https://www.data-kagawa.com/
データ復旧 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
データ復旧 高知県
https://www.data-kochi.com/
データ復旧 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
データ復旧 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
データ復旧 島根県
https://www.data-shimane.com/
データ復旧 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
データ復旧 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
データ復旧 佐賀県
https://www.data-saga.com/
データ復旧 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
データ復旧 大分県
https://www.data-oita.com/
データ復旧 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
データ復旧 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
データ復旧 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
データ復旧 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

お問い合わせフォーム

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください