TOP 初めての方 データ復旧対応機器 データ復旧の流れ 店舗案内 料金 お客様の声・クチコミ 出張データ復旧 会社概要

TOP >データ復旧 方法

データ復旧 方法

データ復旧の方法は、障害機器・症状・お客様のご事情やご要望によって対応が異なってまいります。
障害機材の一例としては、パソコン、USBメモリ、企業で扱っているサーバ、NAS機器、スマートフォンに保存されているSDカードなど、各種メディア媒体に対応できるように技術を準備しております。
また物理的な故障、症状の進行度、さらにはヒューマンエラー的にデータを誤って削除した場合でも復旧が必要なケースがございます。

そしてお客様のご事情によっては特急の対応が必要な場合、もしくは機器を外部に持ち出せないケースも存在します。
つまり、データ復旧と一概に言っても千差万別で対応法が異なっていくものです。そこで、こちらのページでは各テーマに沿って復旧方法を詳細に解説してまいります。

目次

障害機器1 HDD故障からの復旧方法

HDD故障からの復旧方法

最もご要望が多いのはHDDの復旧依頼です。

こちら、理由としては法人、個人問わずしてPCや外付けHDDにて個別にデータ管理を行っている事例が多いからです。 HDD故障からの復旧の場合、特に物理的なクラッシュが発生している場合、データ復旧業者はすみやかに障害の切り分けを行います。 まずは軽度障害についてご説明いたします。

<軽度の物理的損傷>

1. 機器のクローンを作成

クローン作製とは、異常が起きたハードディスク内のデータ情報を正常に動作する別のハードディスクへ転写し、複製を作る作業を指します。さらにこちらは障害機器の安全性を保つものです。
クローンを取得せずにHDDに負担をかけるようなサルベージ作業を行ってしまうと、さらに悪化させてしまう可能性がございます。機材の状態悪化を防ぐため、必ずクローン作製作業をおこないます。

2. クローンディスクからお客様、
 ご所望のデータサルベージ作業をデータ復旧ソフトにて実施

3. 必要ファイルの確認作業

4. 納品作業を行い、データ復旧完了

続いて、重度障害についてご説明いたします。 HDDは物理構造を持っておりますので、主に、よく異音が発生しHDDに対して重度物理障害が発生しているケースが多く見られます。

<重度の物理的損傷>

1. 重度障害を確認し、機器の部品を調達

調達部品を当社では「ドナー」と呼んでおります。

人間の手術同様ドナーは、型番はもちろんのこと、製造年月日、製造された国コード、同様のファームウエアの部品が必要となります。こちらは人間の親子兄弟の相性と一緒で、ドナーが合わない場合復旧が成功しません。ドナー部品をスピーディに発見すること、そもそもドナーHDDを潤沢に持ち合わせること、こちらも復旧速度に関わってまいります。

2. 重度障害の分解作業を実行 ※実際の部品交換作業を実施

手術も損傷箇所によって異なってまいります。

HDDのデータを読み込見が必要なヘッド部品、HDD全般を制御する基盤装置、HDD事態を回転させるモーター等に対して、専任のエンジニアが経験に基づいて分解作業を実施していきます。
状況によって、人間の病の合併症と一緒で、ヘッド部品と基盤装置が損傷しているケースもございます。

3. 手術成功後、クローンディスクの作製

4. クローンディスクからお客様、
 ご所望のデータサルベージ作業をデータ復旧ソフトにて実施

5. 必要ファイルの確認作業

6. 納品作業を行い、データ復旧完了

このように、HDDの復旧は損害状況にとって大きく異なるものであり、一般の方がこういった知識なく復旧を試みた場合に機器の悪化を招く恐れがございます。
最悪、当社に機器が届いた際には末期がんの症状の機器もあり、復旧不可と判断せざるを得ない状況もございます。

障害機器2 SSD・USBメモリ・SDカードの故障からの復旧方法

SSD・USBメモリ・SDカードの故障からの復旧方法

メモリチップにデータ保管していくメディア媒体として、SSD、USBメモリ、SDカードが挙げられます。専門的な用語では、 こういった記憶媒体を「不揮発性メモリ」と呼びます。
この種別の機器の対義語として、「揮発性メモリ」という機器があります。メモリチップに一時的に記録を残すことで、PC処理がなされていく媒体を指し、一般的にはパソコンのメモリを指します。「揮発性メモリ」は基本的に電源を落とすことで、記録情報が消失します。

不揮発性メモリは持ち運びが便利で軽量、比較的アクセス速度も高速と利点が複数あります。 しかし、突発的な障害が発生してしまう恐れもございます。 そこで、不揮発性メモリである上記機器には、以下の対応方法が挙げられます。 以下、不揮発性記憶媒体の軽度障害の復元方法の流れです。

<軽度の物理的損傷>

1. 機器のクローンを作成

HDD同様、メディアのダメージの修復しつつ、安全性を保つために不揮発性記憶媒体においてもクローン作業を実行いたします。

2. クローンディスクからお客様、
 ご所望のデータサルベージ作業をデータ復元ソフトにて実施

3. 必要ファイルの確認作業

4. 納品作業を行い、データ復旧完了

続いて、重度障害のご説明をいたします。

<重度の物理的損傷>

1. 重度障害を確認し、メモリチップの剥離手術を実施

不揮発性メモリはデータがメモリチップに保管されているため、専任のエンジニアが最新の注意をはらいダメージのある機器からチップの剥離作業を実施します

2. メモリチップが認識できる環境を構築

メモリチップはメーカー、機器の種別ごとに構成が大きく異なり、 社内の復旧LABにてチップを認識できる状態、言うなれば別環境で使用していたインターフェースと同じ状態を創り出します。

3. 手術成功後、クローンディスクの作製

4. クローンディスクからお客様、
 ご所望のデータサルベージ作業をデータ復元ソフトにて実施

5. 必要ファイルの確認作業

6. 納品作業を行い、データ復旧完了

このように不揮発性記憶媒体においても、障害の切り分けによってデータ復旧業者は然るべき対応を取っていきます。一般の方々におきましては、障害の切り分けはほぼ不可能と断言して良いでしょう。

異変に気づいた場合は落ち着いて専門業者へお問い合わせいただくことをオススメいたします。

障害機器3 サーバ・RAID機器の故障からの復旧方法

サーバ・RAID機器の故障からの復旧方法

サーバ、NAS、RAID機器は機械の特性上、複数のHDD、SSDなど用いて冗長化システムを構成いたします。

物理的な損傷であれば先に述べましたHDDの故障、SSDの故障から復活させる手段がございますが、複数の保存メディアを一つの集合体とみなすRAID機器のデータ復元はさらに複雑になります。なぜならば、構成情報が破損し、結果データが見えなくなるケースが複数存在します。

物理的な故障を解決できたとしても、サーバやRAIDの構成情報が破損してしまう状況が数多く有り、専門の復旧ソフトを用いてプロの検知から正しい構成情報の探索が必須となります。
こちらの探索は、保存媒体の数が増加するほど、難易度はあがるものです。
俗にいう、メガRAIDと呼ばれる機器では、HDD10本以上でサーバ機器を構成するものが存在し、探索技術は非常に難解なものになります。

特急データ復旧ウィンゲットでは日々、日進月歩で技術革新に取り組んでおり最新技術を吸収しつつ、日夜復旧作業に励んでおります。

ケース1 誤操作で削除されてしまったデータの復旧方法

誤操作で削除されてしまったデータの復旧方法

ここまでは物理的な破損に対する復旧手法をお伝えしてまいりましたが、復旧が必要なケースは様々あります。こちらではヒューマンエラーによるデータ消失についてご説明いたします。

ご操作による消失は、HDDであろうと、SSDであろうと、USBであろうと、様々な機器の問い合わせがございます。
「ファイルの整理中に、重要データを削除してしまった・・・」
「ゴミ箱を空にしてしまった・・・」
「データ領域を誤ってフォーマットしてしまった・・・」
と、誤操作は思いがけないタイミングで発生するものです。

削除してしまった方は焦りが生じてしまい、ご自身で無料の復旧ソフトをインストールし、様々な方法で復元を試されるシーンが散見されます。しかしこれも禁物です。

なぜならば、削除したデータの復元率を下げてしまうのは、データの上書きだからです。 保存メディアに安易に無料ツールを用いたデータをトラブル発生メディアに保存してしまい、破損データが上書帰されてしまった場合、2度と対象データが戻らないことも・・・

やはり、トラブルが発生した場合は落ち着いて、プロにご相談されることをオススメします。

プロならば、データの種別、消失方法、必要なデータ量、データのご希望の納期等、すべてをヒアリングした上で、最適な復旧ソフトウエアを活用し、最大の結果を得られるよう尽力していきます。
そして、似ている技術にデジタル・フォレンジックという分野がございます。こちらは、データを証拠隠滅のため意図的に消された、ログ情報を意図的に消したデータを復元・追跡していく技術です。 株式会社リプラスではこうしたご要望にお答えするサービスとして、デジタルフォンレジック24を提供しています。広くお客様にお答えできる環境を特急データ復旧ウィンゲットでは構築しておりますので、気兼ねなくお問い合わせくださいませ。

ケース2 フォーマット情報が消失してしまったデータ復旧方法

フォーマット情報が消失してしまったデータ復旧方法

物理的な損傷がメディアに存在しなくとも、プログラム的な誤作動により、機器のフォーマット情報が消失してしまうケースもございます。
この場合、フォーマット情報が破損してしまったため、そのパーテーションに存在しているファイルはすべて消失してしまいます。

こうした状況になった場合、誤操作によるデータ消去と一緒で、エンジニアが症状、必要なデータ量に合わせて最適なソフトウエアを選択し、プロがデータサルベージ・復元を行っていきます。
また一般の方からすると、一見、物理故障が発生しているのか、論理的な障害、ここではフォーマット情報が消失しているのか見極めは困難です。

ケース3 出張によるデータ復旧方法

出張によるデータ復旧方法

セキュリティ上、どうしても企業として外部に持ち出せいない機器が存在します。 その場合、特急データ復旧ウィンゲットでは現地での機器の診断、現地のデータ復旧対応も御対応が可能です。

特急データ復旧ウィンゲットでは全国6拠点に直営店があり、専門技術を有したエンジニアが土日祝日含めて常駐しております。そして、全国47都道府県への出張対応実績も多数ございます。
こうしたご事情があるお客様は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

データ納品の方法

データ納品の方法

データの納品には、特急データ復旧ウィンゲットはお客様の細やかなご要望にお答えできる体制を築いております。
納期、ご予算、今後のデータバックアップ提案など、お客様の環境に合わせて最適な納品方法を提案しております。
お客様がご準備いただいた納品メディアに対してファイルコピーも可能ですし、さらには納期を急いでいらっしゃるお客様には当社から無償でレンタル用HDDを貸出することも可能です。

特にオススメなのは、今後のデータ管理、バックアップ体制も万全にできるGUARDIAN+Rシリーズのご提供です。 GUARDIAN+Rでは、QNAP社製NASを採用し、高耐久なHDDを選定、現地初期設定&保守、かつデータ復旧保証付きの商品をご提供しております。こちらも合わせて、お問い合わせくださいますようよろしくお願いいたします。

特急データ復旧ウィンゲットのプランの詳細をみる

データ復旧の方法のまとめ

データ復旧の方法のまとめ

このように、データ復旧と一口に言っても、機械の種別、障害の具合、さらにはお客様が求めているデータの納期等、千差万別にことなっていくものです。
また数あるデータ復旧専門業者の中で、特急データ復旧ウィンゲットは、お客様との直接の対話を大事にし、お客様に寄り添ったデータ復旧サービスをご提供してまいります。
お困りの際は特急データ復旧Win-Get!(ウィンゲット)へお気軽にお問い合わせください!

データ復旧全国ネットワーク

選ぶなら安心信頼の技術

一つでも多くの確かな証拠データを割り出すために、信頼の技術力を持った当社をお選びいただくことをおすすめいたします。

データ復旧の実績
累計60,000件
データ復旧専門10年以上の経験で培った高度な技術と、信頼のサービスでお選びいただいております。出張サービスを業界内でもいち早くスタートさせ、お客様のニーズに合わせたサービスでご満足いただいております。

データ復旧

データ復旧は主要都市・全国にて受付

当社の6都市にある店舗(札幌・東京・横浜・名古屋・大阪・福岡)、全国の受付センターにて対応が可能です。店頭では、データ復旧のご相談を伺い、専門スタッフがお客様のご要望に合わせたデータ復旧サービスをご提案いたします。
店舗への来店が難しい地域の方々には、上記店舗へ機器を郵送していただく【郵送受付】も行っております。なるべくお客様の近くで対応できるよう、各店舗を設けております。

データ復旧 全国ネットワーク

データ復旧 全国展開中

受付センターのご案内

北海道・東北
データ復旧 北海道
https://www.data-hokkaido.com/
データ復旧 青森県
https://www.data-aomori.com/
データ復旧 岩手県
https://www.data-iwate.com/
データ復旧 秋田県
https://www.data-akita.com/
データ復旧 宮城県
https://www.data-sendai.com/
データ復旧 山形県
https://www.data-yamagata.com/
データ復旧 福島県
https://www.data-fukushima.com/
関東
データ復旧 東京都
https://www.60min-data.com/
データ復旧 神奈川県
https://www.data-yokohama.com/
データ復旧 千葉県
https://www.data-chiba.com/
データ復旧 埼玉県
https://www.data-saitama.com/
データ復旧 茨城県
https://www.data-ibaraki.com/
データ復旧 栃木県
https://www.data-tochigi.com/
データ復旧 群馬県
https://www.data-gunma.com/
データ復旧 山梨県
https://www.data-yamanashi.com/
中部
データ復旧 愛知県
https://www.data758.com/
データ復旧 岐阜県
https://www.data-gifu.com/
データ復旧 三重県
https://www.data-mie.com/
データ復旧 静岡県
https://www.data-shizuoka.com/
データ復旧 富山県
https://www.data-toyama.com/
データ復旧 石川県
https://www.data-ishikawa.com/
データ復旧 福井県
https://www.data-fukui.com/
データ復旧 長野県
https://www.data-nagano.com/
データ復旧 新潟県
https://www.data-niigata.com/
データ復旧 滋賀県
https://www.data-shiga.com/
関西
データ復旧 大阪府
https://www.data-osaka.com/
データ復旧 兵庫県
https://www.data-kobe.com/
データ復旧 京都府
https://www.data-kyoto.com/
データ復旧 奈良県
https://www.data-nara.com/
データ復旧 和歌山県
https://www.data-wakayama.com/
中国・四国
データ復旧 広島県
https://www.data-hiroshima.com/
データ復旧 岡山県
https://www.data-okayama.com/
データ復旧 香川県
https://www.data-kagawa.com/
データ復旧 徳島県
https://www.data-tokushima.com/
データ復旧 高知県
https://www.data-kochi.com/
データ復旧 愛媛県
https://www.data-ehime.com/
データ復旧 鳥取県
https://www.data-tottori.com/
データ復旧 島根県
https://www.data-shimane.com/
データ復旧 山口県
https://www.data-yamaguchi.com/
九州・沖縄
データ復旧 福岡県
https://www.data-fukuoka.com/
データ復旧 佐賀県
https://www.data-saga.com/
データ復旧 宮崎県
https://www.data-miyazaki.com/
データ復旧 大分県
https://www.data-oita.com/
データ復旧 長崎県
https://www.data-nagasaki.com/
データ復旧 熊本県
https://www.data-kumamoto.com/
データ復旧 鹿児島県
https://www.data-kagoshima.com/
データ復旧 沖縄県
https://www.data-okinawa.com/

お問い合わせフォーム

お客様区別
氏名
※必須
氏名
法人名
TEL
※必須

※日中、ご連絡可能なお電話番号をご入力下さい。
E-mail
※必須

※日中、ご確認可能なメールアドレスをご入力下さい。
ご相談・申込種別
※必須
故障機材
※必須

ご質問・ご依頼内容
(障害機器の状況・復旧が必要なデータの内容や量・データが欲しい納期などをお書きください)

個人情報の取り扱いについて

上記の記入が終わりましたら、送信ボタンを押してください